あなたは私 私はあなた

心と身体の癒し、全ての繋がりを探し求めるブログ

老人と高齢者どっちが正しい・・・意識一つで生き方も変わる。

f:id:tsubaki333tan:20190527015113j:plain


こんにちは、ツバキです。

 
年を追うごとに気になりだす呼び名に、高齢者とは何歳からを言うのか?という言葉に耳を傾けてみました。

 

まわりには意外と年配の方が多くて、(自分の事含めて)「孫がいるから、もうおばあちゃんですよ」と言う50代の方もいれば「50,60はまだ若造だ」と言われる80代の方もいらっしゃいます。  

 

今は昔と違って、平均寿命も伸びていて、若くて健康な方が多く見受けれます。年齢的には高齢者になるのでしょうけど、やはり気持ち的なものってあるような気がします。

 

 

日本で言う高齢者の定義は、年金を貰える65歳以上です。

 

老人福祉法では、老人の定義はないとも言われています。

 

それならなぜ65歳から老人と言うのでしょうか。

 

老人福祉法では具体的な施策対象を65歳以上と言っているようです。

 

ですから一般的に65歳以上を老人と言っているに過ぎないのです。

 

用語の使い方なのでしょうが、老人と言葉にするのと高齢者と言うのとでは受け取り方が違うのではないかと思います。

  

65歳を迎え、年金受給者になり、福祉も優遇されるようになる。

 

そして、「自分は老人なんだ」と自覚してしまう人もいるようです。

 

60年70年前なら65歳は立派な老人だったかもしれませんね。

 

でも、現代は長寿国です。元気な方が多い日本です。

 

老人と言って欲しくない人もいますし、見て欲しくない人もいるでしょう。

 

人は見た目で判断すると言いますが、どうなのでしょう?

 

見る側も見られる側も、人それぞれだと思うのですが、65歳以上になっても、老人と呼ばれたくない人は多いかもしれませんね。

 

先日、某チャンネルでこんな事を言っていました。

 

「今の日本の高齢者は元気で、テニスだろうがボクシングだろうがやろうと思えば出来るし、私は75歳だけど始めている。

皆驚いていたけど、それだけ元気なんですよ、今の高齢者は」と言っていました。

 

この方は、「75歳になっても動けるんだ、働けるんだ」と言っています。

 

また、こんな事も言っていました。その方の言葉を抜粋して書かせて頂きます。

人間の頭脳は二十歳がピークで、だんだん衰えていくというけど、それはトリックで、二十歳で出来た脳はほんの僅かだけ減っていって、70歳以上になると2%位減っていく、それを大袈裟に言ってしまった。

 

ところが脳は二十歳の頃形作られのは本当だが、それから少しずつ減っていく、それよりもっと組み換えが行われて、知恵の量が増えていく。脳細胞は一日に20万個死滅すると言われていたけど、実は50年経って2%しかなくならないということが判った・・・

 

人間は相手が見る年齢になる、ヨボヨボして小言ばかり言って老人風だと、まわりも老人だと見て自分も老人だと見てしまう、それも分かってきた。自分は45歳(例え)だと思わなければいけない。

 

最近の美容に関しても、今は嘘がない本当を書くようになった。

老人の歩き方は、歩幅が小さくなる、老人的な歩き方は徐々に歩幅が短くなる。意識して若い時と同じ歩幅で歩くと、いつまでも若々しく歩けるという最新の情報がある。

 

生きている限り元気な方がいい、生きている限り働くほうがいい、精神的には物忘れを年のせいにしない、60~70になれば衰えてくる。言い聞かせると脳はそのように受け取ってくれるし、意識すれば筋肉も付けることが出来るようになる。

 

おっしゃる通りだと思います。

 

誰かに言われてその気になる、よくありますよね。

 

頻繁に同じ言葉を聞いていると、イメージ通りの自分を創り上げること。

 

この方は有名な方で、科学的根拠のもとでお話されていました。

 

これはほんの一部に過ぎません。

 

私達は間違ったことを植え付けられているのかもしれません。

 

小さい頃から教えられてきたことや思い込みは、間違っていることもあります。

 

意識することで変えられることを再認識することが出来ました。

 

頭の中に新たにインプットし行動することで、生き方は変えられると思います。

 

65歳、70歳になったから自分は老人だと思い込むのは止めて、自分の思う年齢で生きるのも楽しいと思います。

 

この話の内容は、年金の話だたのですが、これから生きていくためにどうあるべきかを教わったような気がします。

 

物事は発想の転換です。意識を変え思考することで良くも悪くもなります。

 

年齢なんて関係ないです。

 

自分が楽しいと思ったらそうすれば良いのです。(人に迷惑をかけなければですよ)

 

元気に笑って生きたいものですね。(^ν^)

 

 

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

あなたにとってお役に立てることを、心より願っております。